自宅の駐車場を貸し出したい方は空きスペースを活用出来ます

自宅の駐車場を空いている時間帯や日にち単位で貸し出したいとお考えのあなた。

 

車を通勤で使用しているので自宅の駐車場が昼間は空いている。
車を休日に使うのでその時間帯だけ空いている。
車1台分のスペースが空いているので貸し出したい。
バイク1台分のスペースが空いているので貸し出したい。

 

空いているスペースは貸し出しが出来ます。
まとまったスペースであれば月極駐車場として貸すことも出来ます。
月極駐車場は柵や舗装などの施設が必要となりますので、ある程度の期間を駐車場にしなくてはいけない縛りが生じます。
また、料金の収受をやらなくてはいけなくなるケースもあります。
コインパーキングも同様で月極駐車場よりも整った設備を備える必要があります。
月極駐車場でもなくコインパーキングでもない方法で自宅の駐車場を貸し出すことが出来ます。

 

それは駐車場シャエリングサービスです。
これを利用すれば自宅の空きスペースを有効活用できるます。
自宅の駐車場を貸すことによって、副業収入を得ることも可能です。
特に設備を整える必要はなく、自宅の駐車場をそのまま使えます。
月極駐車場や店舗の駐車場を貸し出すことも出来ます。

 

このサイトが、駐車場を貸し出したい、有効活用したいあなたのお役に立てればと思います。

 

自宅が駅から離れている、周囲は田んぼや畑ばっかり、周囲にお店などがない、このような場所でも駐車場を時間借りしたい需要はあるのです。
また、このような場所にはコインパーキングがあまりありませんが、駐車場を借りたいという需要は少なからずあるのです。

 

乗用車の駐車場はもちろん、バイクの駐車スペースも貸し出すことが出来ます

 

 

駐車場登録サービス

自宅などの駐車場を貸し出したい方を募集中のサービスをご紹介します。
ご参考になさって下さい。

 

特P

特Pは、駐車場のオーナーにはお金が掛からず駐車場を貸した分だけ収益が上がるサービスとなっています。
オーナー様の出費が無く、損をすることもありません。
特Pの特徴は

  • 設備が不要
  • 更地でもOK
  • 初期費用なし
  • 運営費用なし
  • 即開業できる
  • いつ辞めてもOK
  • 料金のやり取りは不要
  • いつでも問い合わせ可能

 

設備が不要

コインパーキングのような設備が不要ですので、初期費用や運営費用は必要ありません
日時や料金がご自由に設定できますので、即開業をすることが出来ます。
自宅の駐車場を急に使うことになった場合は、休止にすることも可能です。

 

料金のやり取りは不要

料金などのやりとりは、クレジット決済となっていますので不要です。
あなたが料金の収受をする必要はありません。

 

特Pへの問い合わせやトラブルの際に対応は24時間コールセンターが対応します。
専門のスタッフもいるので安心です。

 

利用者は対物保険加入が必須

あなたのお宅の駐車場を利用する車やバイクは、特Pの会員様となっています。
駐車場を利用する車は対物保険加入が必須となっています。
万が一、あなたの自宅の敷地内の構造物に破損が生じても、利用者が保険に加入していますので安心です。

 

ご利用方法は簡単です。
特Pにご登録をして、料金や貸したい日時を設定するだけです。

 

事前に用意するとよいもの

手続きをする際に事前にご用意しておくとよいものがあります。

  • 自宅の駐車場の写真
  • 駐車場の図面
  • 駐車場のサイズ

写真は、全体写真、駐車場写真、周辺の写真の3種類があるとよいです。
図面は敷地内で駐車場がどこなのか分かる簡単なもので大丈夫です。
駐車場の長さと幅を確認しておくと二度手間になりません。

 

特Pに登録する流れ

@以下のバナー(ボタン)をクリック・タップし特Pのページに進みます。
A特Pのページ中段と下段にある「試しに駐車場を登録してみる」という青いバナー(ボタン)をクリック・タップします。
B必要な情報を入力しオーナー登録をします。

 

 

特Pにオーナー登録をする場合はコチラです。

↓     ↓     ↓

 

特Pにご登録して駐車場シャエリングを活用して副業収入を得ることが出来ます。

 

駐車場を貸し出した際の税金は

自宅の駐車場を貸し出したいけど、時間帯で貸し出す際の税金はどのようになるのでしょうか。
自宅の駐車場をシャエリングで貸し出す時に得た収入に課税される税金の申告は、雑所得という形になります。

 

あなたが会社員やパートさんや年金生活者の場合、給与や年金といった所得があります。
所得がある方で、副業としての駐車場シェアの収入が20万円を越えると雑所得として申告する必要があります。

 

あなたに他に所得がない場合で、駐車場シェアの収入が38万円(基礎控除の金額)を越えると雑所得として申告する必要があります。
38万円以下の場合、基礎控除の38万円が引かれ差し引き0円となりますので、確定申告の必要はありません。

 

あなたの状況によって確定申告の有無が違ってきますので、駐車場シェアリングを行い一定の収入がある程度見込めそうな場合は、お住まいの地域を管轄する税務署にお問い合わせ下さい。

 

自宅の駐車場を貸し出すメリットとデメリット

自宅の駐車場を貸し出したい方は、メリットとデメリットをご理解しておくことをおすすめします。

 

自宅の駐車場を貸し出すメリットは、コストが掛からないことです。
自家用車を止めているスペースを貸し出すのなら、そのまますぐに貸し出せます。

 

空いた土地が稼いでくれますので、需要があれば毎月安定した収益を上げることも可能です。

一方でデメリットもあります。
不特定多数の人が出入りをします。
慣れてくれば気にならなくなるのかもしれませんが、慣れるまでは気になるかもしれません。

 

来客など突然のことでこちらが予想出来ないことで駐車スペースが必要になることもあります。
駐車場を借りる方が既に駐車をしてしまっていたら、対応を考えないといけません。

 

自宅の駐車場を貸す際にトラブルが起こる可能性があります。
例えば、敷地内に物損などの損害を与えられることがあります。
駐車場を利用するドライバーさんがみんな運転がうまい人とは限りません。
相手の不注意で物損が生じることも予想されます。

 

自宅の駐車場を貸し出す場合は、メリットとデメリットがあります。
デメリットの部分は、慣れたり、イレギュラーなケースだったりします。
仲介業者を利用していれば、物損などに対応できたりすることがあります。

 

ちょっとしたスペースを貸し出せる

駐車場のシェアリングサービスを利用すれば、自宅の駐車場でちょっとしたスペースがあれば貸し出しが出来ます。
車一台分のスペースがあれば貸し出せます。
もし、車一台分でなく、バイク1台分のスペースしかなくても、駐車場シェアリングサービスによってはバイク向けに貸し出せるサービスもあります。

 

駐車場は不足ぎみ

駐車場は不足しています。
駐車場は供給が追い付いていない状況なのです。

駐車場不足が一因で、路上駐車が発生しています。
もちろん、たんにマナーが悪く駐車違反をしている人もいます。
しかし、やむを得ないので路上駐車をしてしまっている人もいるのです。

 

それだけ、駐車場は供給が追い付いていません。

 

路上駐車をしている人は、近くに駐車場が無かったからという理由でしてしまう方が、多いのです。
本当は駐車場に止めたかったけど、仕方なかったという方がいるのです。

 

駐車場不足はなかなか改善されていません。
このような市場ですから、駐車場を時間制で貸し出すシェアリングは需要が期待できる制度なのではないでしょうか。

 

 

コインパーキングの相場

コインパーキングの相場はどれほどなのでしょうか。
コインパーキングの料金は場所や時間帯によって異なってきます。

 

駅に近いほうが料金は高くなり、駅から離れると料金は安くなります。
あと、周辺にコインパーキングなどの時間貸しの駐車場がどれくらいあるかによって相場は変わってきます。

 

時間帯は、昼間の方が車が多く需要が高くなりますので料金は高くなり、夜は車が少なく需要が低くなりますので料金や安くなります。

 

東京都心の場合、昼間は15分〜20分で300円ほどで、夜が昼の3分の1から4分の1くらいが相場となっています。
郊外の場合、夜は時間帯が指定されていて最大1000円などという設定になっていることもあります。

 

また、周囲にイベント会場、観光施設、運動場などの施設があり、駐車場の需要がある場合は相場は変わってきます。

更新履歴